テラヘルツ光源研究チーム

研究概要

当チームは、幅広いテラヘルツ波 (THz波) 応用分野で利用可能な新しい波長可変THz波光源の開発を、独創的な発想・手法で行い、応用分野の隅々までTHz波光を届けることを目指している。非線形 光学現象を利用して,高性能なTHz波光源開発を行い、「高出力」、「広帯域同調」、「高安定」、「狭線幅或CW (連続波)」、「高速・ランダム波長可変」などの新規技術開発に取り組み、研究を進めている。また、高感度なTHz波検出に関する研究や、世界に向けた THz波領域のスペクトルデータベースの公開も積極的に行っている。一方、研究グループ間での共同研究も行い、開発した光源と組み合わせた応用展開、 THz波応用分野の開拓にも尽している。研究進展において必要な技術開発などは、広く産業界の協力を得ながら、世界をリードするTHz波 光源・検出・応用の確立を目指している。

研究テーマ

  1. 超広帯域波長可変THz波光源の開発に関する研究
  2. 高感度THz波検出に関する研究
  3. 広帯域周波数可変THz波光源を用いたTHz波応用に関する研究
  4. テラヘルツ分光データベースの構築

お知らせ

2017年3月2日 プレスリリース

光波長変換によりテラヘルツ波を高感度に検出 -室温で動作するテラヘルツ波領域の小型非破壊検査装置の実現へ-

2017年1月26日 縄田耕二基礎科学特別研究員が RIKEN's Programs for Junior Scientists POSTER AWARD ENGINEERING PRIZE 受賞しました。

RIKEN's Programs for Junior Scientists POSTER AWARD ENGINEERING PRIZE

2016年11月1日 野竹孝志研究員が The Best Poster Award in the 4th RAP Symposium on the Future Poster on the Advanced Photonics 受賞しました。

The Best Poster Award in the 4th RAP Symposium on the Future Poster on the Advanced Photonics

2016年3月17日 知的財産情報 キャリア測定装置の紹介サイト

無機半導体のキャリア測定装置

2016年3月19日 瀧田佑馬基礎科学特別研究員が応用物理学会講演奨励賞受賞しました。

応用物理学会講演奨励賞

2014年3月24日 プレスリリース

室温で2次元のテラヘルツ波像を高感度に可視化
-未解明な現象の発見や応用の発展に期待-


2011年7月1日

ホームページをリニューアルしました。