小野田繁樹の

ホームページへようこそ



[Japanese/English]


小野田 繁樹,  博士(理学)


理化学研究所(RIKEN)

古崎物性理論研究室 &
創発物性科学研究センター量子物性理論研究チーム

専任研究員


News:


* 2016. 5 量子スピンアイス模型に基いたTb2+xTi2-xO7+yの実験結果の解析から、隠れた秩序の正体が電気四重極秩序であること示す記事がPhysical Review Letters誌にオンラインで出版される!
H. Takatsu, S. Onoda, S. Kittaka, A. Kasahara, Y. Kono, T. Sakakibara, Y. Kato, B. Fåk, J. Ollivier, J. W. Lynn, T. Taniguchi, M. Wakita, H. Kadowaki, "Quadrupole order in the frustrated pyrochlore Tb2+xTi2-xO7+y",
Physical Review Letters 116, 217201 (2016).
プレスリリース「スピン液体の近くの「隠れた秩序」」.
Highlight in RIKEN RESEARCH (coming soon).

* 2016. 4 日本学術振興会 科学研究費 基盤研究Cに研究課題が採択される(2016年度-2018年度)

* 2015. 8 量子スピンアイス模型において、U(1)量子スピン液体基底状態に向けて低温でクロスオーバーを示す数値的証拠を与えた記事がPhysical Review Letters誌にオンラインで出版される!
Yasuyuki Kato and Shigeki Onoda, "Numerical evidence of quantum melting of spin ice: quantum-to-classical crossover",
Physical Review Letters 115, 077202 (2015).
プレスリリース「凍ったスピンをさらに冷やして量子効果で液体に融かす」 (RIKEN in Japanese).
RIKEN RESEARCH ハイライト記事

* 2015. 6 文部科学省 科学研究費  新学術領域研究「ナノスピン変換科学」 公募研究(2015年度-2016年度)に採択される

* 2015. 4 日本学術振興会 科学研究費 基盤研究Bに研究課題が採択される(代表:松平和之 九州工大准教授)(2015年度-2018年度)

* 2012. 9 Editors' suggestion!
Shunsuke Furukawa, Masahiro Sato, Shigeki Onoda, and Akira Furusaki, "Ground-state phase diagram of a spin-1/2 frustrated ferromagnetic XXZ chain: Haldane dimer phase and gapped/gapless chiral phases",
Physical Review B 86, 094417 (2012).

* 2012. 9 Editors' suggestion!
SunBing Lee, Shigeki. Onoda, and Leon Balents, "Generic quantum spin ice",
Physical Review B 86, 104412 (2012).

* 2012. 8 磁性体におけるヒッグス転移の報告がNature Communications誌にオンラインで出版される!
L.-J. Chang, S. Onoda, Y. Su, et al., "Higgs transition from a magnetic Coulomb liquid to a ferromagnet in Yb2Ti2O7",
Nature Communications 3:992 | DOI:10.1038/ncomms1989 (2012).
プレスリリース「電子スピンから分化したN極とS極のヒッグス転移を磁性体で観測」 (RIKEN).
Press release from RIKEN (English).
Press release from Forschungszentrum Jülich (English).
Press release from National Synchrotron Radiation Research Center, Hsinchu (English).
RIKEN RESEARCH ハイライト記事

* 2012. 5 APSオンラインジャーナルPhysics誌Viewpointに記事が出版される
S. Onoda, "Pushing bits through a spin wire", Physics 5, 53 (2012).

* 2012. 4 日本学術振興会 科学研究費 若手研究Bに研究課題が採択される (2012.4-2015.3)

* 2011. 6 理研ニュースに研究者紹介記事が掲載される

* 2011. 6 ゼロ磁化ゼロ磁場でのホール効果の磁場制御に関する記事が、「科学新聞」に掲載される

* 2011. 5 Physical Review Letters誌に論文が出版される
L. Balicas, S. Nakatsuji, Y. Machida, and S. Onoda, "Anisotropic Hysteretic Hall Effect and Magnetic Control of Chiral Domains in the Chiral Spin States of Pr2Ir2O7",
Physical Review Letters 106, 217204 (2011).
プレスリリース「スピンキラリティが誘起する自発的ホール電圧を磁場で制御する」

* 2011. 3 理研研究奨励賞受賞. (内部リンク)
「パイロクロア磁性体における量子スピンアイス、カイラルスピン液体と異常ホール効果の研究」 (詳解)

* 2010. 12 Physical Review Letters誌に論文が出版される
S. Furukawa, M. Sato, and S. Onoda, "Chiral order and electromagnetic dynamics in one-dimensional multiferroic cuprates",
Physical Review Letters 105, 257205 (2010).
RIKEN RESEARCH ハイライト記事

* 2010. 11 Physical Review Letters誌に論文が出版される
T. Neupert, S. Onoda, and A. Furusaki, "Chain of Majorana States from Superconducting Dirac Fermions at a Magnetic DomainWall",
Physical Review Letters 105, 206404 (2010).
RIKEN RESEARCH ハイライト記事

* 2010. 7 Physical Review Letters誌に論文が出版される
S. Onoda and Y. Tanaka, "Quantum melting of spin ice: emergent cooperative quadrupole and chirality",
Physical Review Letters 105, 047201 (2010).
RIKEN RESEARCH ハイライト記事
詳解

* 2010. 5 レビュー論文がオンライン先行版で出版!
N. Nagaosa, J. Sinova, S. Onoda, A. H. MacDonald, and N. P. Ong, "Anomalous Hall effect",
Reviews of Modern Physics 82, 1539 (2010).

* 2010. 4 文部科学省 科学研究費  特定領域研究「フラストレーションが創る新しい物性」 計画研究参画(April 2010-March 2011)

* 2010. 4 理研研究員会議幹事(FY2010-2011)

* 2010. 4 東京大学物性研究所 客員准教授(〜2010. 9)

* 2009.12.9 「磁気秩序を伴わない時間反転対称性の破れと自発的ホール効果」、Nature誌 (先行オンライン版)に出版される
Y. Machida, S. Nakatsuji, S. Onoda, et al., "Time-reversal symmetry breaking and spontaneous Hall effect without magnetic dipole order",
Nature 463, 210-213 (2010) | (DOI 10.1038/nature08680).
プレスリリース本文
詳解

* 2009. 9 Reviews of Modern Physics誌に異常ホール効果に関するレビュー記事の掲載が決定される
N. Nagaosa, J. Sinova, S. Onoda, A. H. MacDonald, and N. P. Ong,
"Anomalous Hall effect" [ArXiv:00904.4154]

* 2009. 4 日本学術振興会 科学研究費 若手研究Bに研究課題が採択される (2009.4-2012.3)

* 2008. 4 文部科学省 科学研究費 特定領域研究「フラストレーションが創る新しい物性」の公募研究に研究課題が採択される (2007.4-2009.3)

* 2008. 4. Editors' Suggestion in Physical Review B
S. Onoda, N. Sugimoto, and N. Nagaosa,
"Quantum transport theory of anomalous electric, thermoelectric, and thermal Hall effects in ferromagnets",

Physical Review B 77, 165103 (2008).
解説

* 2007. 9. 日本学術振興会 科学研究費 若手研究(スタートアップ)に研究課題が採択される (2007.9-2009.3)



*   プロフィール

*   研究

*   論文

*   招待講演

*   講義ノート

*   リンク



住所:  〒351−0198

埼玉県和光市広沢2−1 理化学研究所

(研究本館332号室)

TEL:  +81-48-467-9789

FAX:  +81-48-467-8157

Email:  s.onoda_atmark_riken.jp

最終更新日: 2016年5月30日